銀行系カードローンの金利はどのくらい?

銀行系カードローンの金利は、18.0%以内に収まるものが大半です。

大手消費者金融の多くも18.0%以内であり、銀行系カードローンの金利は消費者金融とほぼ同じだと思ってよいです。

延滞をした場合は遅延損害金が上乗せされますが、遅延しなければ関係ありません。

金利交渉をすれば金利を下げられる可能性はありますが、応じてくれる可能性は高くはありません。

契約時に無理な交渉をすると審査に通過できなくなる可能性があるので、金利交渉をするなら契約実績を作ってからにしましょう。

1年間に渡って延滞がなければ、確実に信用力はアップしています。

銀行系カードローンに申し込んだけど、意外と金利が高かったという方がいます。

こうした方の多くは、銀行ローンだと勘違いをしているのです。

銀行系の運営元はノンバンク系の金融機関であり、銀行とは異なるものです。

銀行と提携をしているので銀行系と呼ばれていますが、純粋な銀行融資とは異なります。

そのため、銀行カードローンと比較すると金利は高くなっています。

銀行カードローンの金利は15.0%以内が普通なので、銀行系のほうが3%程度高いわけです。

お得度で比較すれば銀行融資には負けますが、借りやすさにおいては銀行系のほうが優れています。

運営元が消費者金融なので、審査に通過しやすい傾向があり、特に借入先が多い方に適しています。

銀行は借入先にシビアであり、2件の借入があるだけでも融資に応じてくれないことがありますが、銀行系は借りられる可能性が高いです。

キャッシング即日特集※低金利ですぐにお金を借りたい方向け

学生ローンの定義とメリットについて

専門学校や大学等が集まる都心等の学生街等で、学生ローンという看板を見た事は一度くらいはあるでしょう。

しかしそのローンは、学生御用達のローンであるという以上の事を説明出来る人は、なかなか見つからないでしょう。

言い方を換えれば、当該ローンの具体的な定義について知っている人は、当該の実務に携わっている人々くらいかも知れません。

それではその定義について確認すると、金融業者では50万円以内に限定されており、基本的には融資を願う学生本人が貸出しのターゲットとなります。

時折、混同される事があるのが教育ローン等ですが、こちらのローンは通常、学生当人の親族と結ぶ契約なので全く別物です。

さて、何故50万円以内なのかというと、学生の本分は学問に打ち込む事にあるわけですから、アルバイトとして働く時間は必然的に限定されてしまいます。

そうであれば、一般的にいって収入もそれ程高額には成り得ません。

一般の金融業者では必ず行われるであろう職場、つまりこの場合はアルバイト先の企業への確認は行われないのは、それほど高額を貸付けていないという安心感も手伝っているのでしょう。

この事からも、学生ローンが如何に審査に通りやすいかを示していると言って良いでしょう。

必要なお金が一般社会人よりも、低ハードルで融資出来るのは、利用者である学生当人にとっては願ってもない事です。

また、融資対象を基本的としたのは学生ローンを名乗る業者によっては、大学や専門学校等を卒業してからも利用可能とする所もありますし、中には返済を卒業後に延長が可能とする金融業者もあります。

自分の身の丈にあった使い方をすれば、より良い学生生活を豊かにする事が出来るでしょう。

専業主婦キャッシングの口コミ※最短即日で借りられる銀行カードローン

学生ローンの客層の変化について

大学生や専門学校等の学生にとって今も昔も、金銭面で苦労している学生はいる様ですが、学生ローンの利用者には変化が見られる様です。

その一つの要因としては、インターネットの存在でしょう。

インターネットは学生ローンが発足した当時には、まだ日本では普及していなかった時代ですから、学生ローンに顔を出すのが最も適当な方法であった様です。

そこには、まるで馴染みの喫茶店に集まるような、アットホームな雰囲気に満ち満ちていて、一般の学生からビジュアル系バンド等をやっているバンドマン等、様々な若者が集っていました。

しかし、時代と共に家庭的な雰囲気よりも、単純にお金を借りたいという人が集まる場所へと変化して来た様です。

また、二つ目の変化はローンの使いみちです。

当時は旅行に行く・学費に当てる為等の明確な目的があり、ローンを組みに来る学生が一般的でした。

勿論、今でもその様な学生がいない訳ではないけれども、最近の利用者はネットワークビジネス・何らかの儲け話等に利用する為に、ローンを組みに来る学生が増えて来たというのです。

それで借りたお金を業者に返済出来、かつ上手く手にするお金が増えれば良いのでしょうが、実際には上手く行かないケースが多発しているそうです。

結局はお金を業者側に返さなければならない訳ですから、うまいことは二度考えよという諺がある通り、お金を借りるという意味を良く良く考える必要がある時代になったと言えるかも知れません。

学生カードローン特集※即日審査でお金を借りたい方はこちら