主婦が初めて銀行からお金を借りるには?

MENU

主婦が初めて銀行からお金を借りるには?

即日入金で銀行のカードローンを利用して助かりました(20代/女性)

卒業後に入社したばかりの者ですが、急に学生時代の友人にコンサートに誘われて、つい行くと返事をしてしまい、困ってしまいました。先日、同期の人とのお付き合いで、お金を使ってしまったため、月末の給料日までピンチの状態なのです。

 

クレジットカードを作ったこともなく、今更申し込んでキャッシングの手続きしても今週末には間に合わない恐れがあります。インターネットで、すぐにお金を借りる方法を探すと、銀行のカードローンの利用体験談が載っていました。

 

銀行からお金を借りるには、インターネットで申込手続きができる銀行や銀行系の会社が便利だという内容です。手続きも必要事項を入力して、写真に撮った書類の画像をアプリで送信するだけで、所要時間が15分程度で済むと書かれていたので、早速、昼休み中に銀行系のカードローン会社にスマートフォンから手続きしました。

 

会社に在籍確認がありましたが、借り入れの手続きだとばれませんでした。幸い、即日で審査に通り、会社帰りに無人受付機でローンカードを発券して、すぐインターネットバンキングでお金を用意して、コンサートを楽しめたので本当に助かりました。

 

お金を借りるのは、大変だろうと思っていましたが、手続きがすんなりとでき、即日の入金も可能だったのでほっとしています。これからも使いすぎに気をつけて、上手にカードローンを利用したいと考えています。

 

カードローンを組む事が出来て助かりました(女性/40代)

子供が成長するにつれ、塾や部活といったものに対する支払額が、増えてきました。ところが今年に入り、夫の勤めている会社の業績が悪化した為、ボーナスや給料が一律でカットされる事になったのです。

 

収入から支出を差し引いた金額が目減りしてしまう為、家計は火の車状態になってしまいました。支出を減らそうと、必死に努力はしてみたのですが、どうしても限界があります。喫緊の課題として、何とか赤字の分を補わなくちゃいけないとの思いがあり、消費者金融へ駆け込みました。

 

ところが総量規制の関係上、専業主婦である私にはお金が貸せないと言われ、ショックを受けてしまいました。残された道は、銀行しかありません。銀行からお金を借りるにはどうしたらいいのか、また銀行からお金を借りる方法は無いのか、調べて見ました。

 

すると、夫には安定した収入がある為、銀行系のカードローンなら利用出来るかもしれない、そう思い立ったのです。メインバンクとして利用している銀行へ足を運び、担当者の方から話を聞いてみたところ、まずは申し込んでみてはどうかとアドバイスされたので、従う事にしました。

 

必要な書類を添え、祈るような気持ちで申し込んだところ、何とか無事に審査をパスし、カードローンが利用出来るようになったのです。カードローンが組めたお陰で、無事に赤字を補填する事が出来て助かりました。

 

とても便利なので、本当に助かります(女性/20代)

同期の子や先輩に誘われ、お昼休みにランチへ出かけたり、休日にショッピングを楽しんでいます。つい見栄を張ってお金を使い過ぎてしまう事があり、月末の給料日までピンチの状態が続く事も、少なくありません。

 

これまで幾度となく、キャッシングしようかと思ったのですが、どうしても抵抗がありました。ネットで、手軽にお金を借りる方法は探してみたところ、銀行系のカードローンに関する利用体験談が、数多く掲載されていて、銀行からお金を借りるには、オンラインで申込手続き可能な銀行、または銀行系のローン会社がとても便利と書いていました。

 

直ぐにお金を借りたかったので、必要事項を入力しスマホで撮影した画像を、送信して融資を申し込んで、勤務先に在籍確認があったものの、バレずに済みました。幸いな事に審査を無事にパスし、それからは財布と同じようにフル活用しています。

 

使い過ぎに気をつけ、計画的にカードローンを利用しているので本当に第二のお財布として役立てています。

 

よくある質問

銀行で教育ローンを借りたいのですが、スムーズに借りる手段はありますか?

教育資金として銀行からお金を借りるには、大きく3つほど方法が考えられます。

 

1つめは目的ローンとして、教育資金に限定した教育ローンを借りることです。
金利も低めで便利ですが、手続きはやや手間がかかります。

 

教育資金として借りるための証明をする、進学先の合格通知や学費の請求書や入金証明書などを用意しなければなりません。

 

また、審査に1週間から2週間程度かかるケースもあるので、入学金や学費の納期限が迫っているというときは注意が必要です。
納期限にゆとりがある教育資金の借入には、金利が低めなのでおすすめです。

 

2つ目としてはフリーローンがあります。

 

資金目的は自由なので目的ローンより金利は高いですが、審査スピードが速くなります。
一括での借り入れが基本なので、入学金や学費といったまとまったお金の支払いに便利です。

 

3つ目はカードローンがあります。

 

こちらも資金使途は自由なので、教育資金であることの証明書類は必要ありません。
必要に応じて借りられるので、入学金や学費のほか、塾の費用や部活動の費用など様々な教育費に借りられて便利です。

 

銀行で便利に借りられる個人事業主向けの事業資金のローンってあるでしょうか?

個人事業主が事業資金を目的に銀行からお金を借りるには、
確定申告書や経営計画書などの書類の提出や、審査が長くかかるなどの手続きが大変というイメージがあります。

 

ただし、地方銀行や信用金庫など地域密着型の銀行の融資なら、小規模事業主に優しいので比較的スムーズに借りられます。

 

また、事業者向けのカードローンの場合、利用上限額を500万円から1000万円までに限定することで、
審査手続きも最短で即日から数日で借りられるタイプもあります。

 

銀行から専業主婦がお金を借りるなんて、できないですよね?

専業主婦が銀行からお金を借りるには、カードローンの利用ができます。

 

銀行には総量規制がないので、収入がない方でも、配偶者に収入がある専業主婦なら申し込みができます。
ただし、銀行によって専業主婦は10万円までとか30万円、50万円といった上限額が設けられていますので、いくら借りたいかによって比較をしてみましょう。