個人の借金でも銀行をうまく活用しよう

MENU

個人の借金でも銀行をうまく活用しよう

成婚料を直ぐに用意できました(女性/30代)

35歳を過ぎたというのに、彼氏いない歴4年、結婚を焦った私は結婚相談所に入会しました。初期費用10万円を支払い、月々1万円の会費で、けっこう高いなと思いながら婚活をスタートさせたのです。

 

その結婚相談所では成婚時に50万円が必要なので、高額だなとは思いましたが、どこかですんなり決まるはずはないと考えていたのかもしれません。また、結婚相談所のアドバイザーが男性が女性の分までまとめて払ってくれるケースが多いと言われ、女性はお得なんて思っていたものです。

 

それが、自分でも驚くほどのスピードで3ヵ月で相手が決まってしまい、成婚料の支払い義務が生じてしまったのです。いざとなると、お相手に払ってくださいなんて雰囲気ではなく、お相手は早々に振り込みしたようでした。さて、自分の支払いをどうしようと思いましたが、実はお金がありません。

 

そこで、相手に借金がばれても体裁が整うよう、信頼のある銀行でお金を借りるにはどうしたらいいか考え、銀行系のカードローンに申し込むことにしたのです。年収400万円の私でしたが、すんなり50万円の利用枠が得られたので、面倒な手続きが要らないカードローンにして良かったです

 

主婦でもお金を借りられる(女性/30代)

昨年結婚をし、10年以上勤めていた会社を辞めました。子供が生まれた後でもできる仕事がしたくて、資格を取るために学校へ通おうと思ったのですが、結婚資金などでそのような余裕がなく、お金を借りる事にしました。主婦が銀行でお金を借りるには何が必要か調べたところ、今は借りやすくなっており大変助かりました。

 

大手銀行系のカードローンで、上限30万円まで借りる事ができます。しかも申し込みもウェブで運転免許証だけ用意すればよいものでしたし、カードの受け取りも自動受け取り機で簡単でした。また、良かった点としては、旦那の年収や旦那の承認が入らない事です。

 

忙しい人なのでなかなか一緒に行ってもらうのは難しいです。実際旦那さんには内緒で借りたい、という方も多く利用しているみたいです。

 

30万円まで、というのも安心できる点でした。どの業者がいいか、というのは難しいですが、安心できる業者を吟味して、自分にあったところを探すのが一番いいと思います。

 

就職のための上京費用をゲット(女性/20代)

就職が決まり、地方から上京することになりました。東京でワンルームを借り、引っ越しをするのにこんなにお金がかかるとは思いもしませんでした。礼金や敷金、最初の家賃で約25万円、引っ越しの見積もりでも約5万円かかることが分かったのです。

 

バイトで貯めたお金も合宿免許や卒業旅行ですべて使ってしまったので、上京する元手がありません。親は地元での就職を望んでいたのでお金の相談することもできず、銀行でお金を借りるにはどうしたらいいのだろうと考えたものです。

 

地方では借入といえば銀行が当たり前だったからですが、就職前の短大生が借りられるなんて正直ありえないと思いました。しかし、銀行系のカードローンという存在を初めて知り、カードローンなら学生でもアルバイト収入があれば借りられると知ったのです。

 

幸いにも、あと1週間勤務する予定があったので、申込時に勤務先として記入ができました。バイトを頑張っていたせいもあり、なんと30万円の利用枠を得ることができました。就職すれば収入もアップしますし、返済も問題なさそうです。

 

よくある質問

複数あるローンのおまとめ目的で、銀行から借りるにはどうすればいいですか?

おまとめ目的で銀行でお金を借りるには、資金使途自由のカードローンや、おまとめ利用も可とあるカードローンまたはフリーローンを探しましょう。

 

おまとめしたい目的が返済額の軽減や利息負担軽減にあるのであれば、現在より返済額が小さくなったり、利息負担が小さくなるか、適用金利をチェックし、返済シミュレーションなどを行って調べる必要があります。
また、現在の借金の額や数によっては、資金使途自由のローンを返済に充てようとすると、すでに借り過ぎているとか、返済能力に不安ありとして審査に通らない可能性が残ります。

 

これに対して、おまとめ目的を申告して借りるタイプであれば、現在の借金額や件数に配慮して審査してもらえ有利なことがあります。

 

アルバイトの学生でも、銀行でお金を借りることができますか?

アルバイトの学生が銀行でお金を借りるには、カードローンがあります。

 

一部の銀行では学生不可としているケースがあるものの、たいていの銀行のカードローンは20歳以上であれば学生アルバイトでも申し込みが可能です。
ただし、アルバイトの種類に気を付けましょう。

 

単発や短期のアルバイトでは認められず、継続的に収入が入ってくるワークスタイルである必要があります。

 

週一でも毎週継続的に家庭教師や塾の講師をしているのであればOKですが、夏休みの1週間だけ塾で教えるのでは、安定収入があるアルバイトとは認められません。

 

これまで失業していましたが、就職すれば直ぐに銀行から借りることができますか?

銀行でお金を借りるには、基本的に定職についている必要があります。

 

失業中は借りられませんが、就職後すぐに借りられるかはローンの種類や借入金額によって異なってきます。
たとえば、何千万円も借りる長期返済の住宅ローンなどでは、勤続年数が少ないと審査に通らないケースがあります。

 

一方、カードローンの場合は審査や手続き方法が簡便なため、通りやすくなっています。

 

ただし、カードローンでも商品や金額により、年収の下限や勤続年数が一定期間以上という条件があるケースもあります。
こうした条件がなければ、勤続1年目と記入しても過去に無職だったといった経歴までは確認されないので、借金トラブルなどがなければ借りることが可能です。